今回の表紙 超カスタネット打法でやってます・・・

 久しぶりに写真を撮りに出かけました。琵琶湖です。狙っていた景色は、いつの間にか変貌していました。こんなこともあろうかと候補地を近場に設定していたのですが、何分ひさしぶりすぎて土地勘が白紙状態になりかけていました。行くと、あぁ、あの時あの頃、あの人を撮ったなぁと思い出すのですが、思い出すまでがえんやこらせ。という具合に半日写真を撮って楽しく過ごしたわけなのですが、最近、超カスタネット打法であるにも関わらず、なぜか撮影現場で木偶を見て「写真を見たことがある」と、わざわざ声をかけて下さる方に遭遇するのです。中には、「最近、更新ししていないね」と仰ってくださる方も。なんと有難いことでしょうか。申し訳ありません。本当に有難うございます。という気持ちが交差します。しかし残念ながら色々と事情がありまして、超カスタネット打法は暫く続く次第であります。今更ながらではありますが、気長にお待ちいただけると、私の励みになります。本当に、いつも有難うございます。

気に入りの曲  【記憶の光】 by KOKIA

 
    【宇宙戦艦ヤマト2199】 第四章ED

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箕面市救援物資の受付について

2011年04月01日 19:30

 電話確認をしたところ、託送でも受け付けるとのこと。
 但し、ボランティアセンタ-開館時間内に到着するように、配送指定した方がよいと思われる。
 開館時間:土日祝日除く平日の午前9時から午後5時まで

 受付先は、箕面市社会福祉協議会ボランティアセンタ-にて
 受付締切日は、現在未定。当分の間、受け付けるとのこと

 ■提供を求めている物資について

  1.毛布、タオル(未使用又は新品)
  2.賞味期限の切れていない食料(平成23年4月末以降のもの)
  3.紙おむつ、粉ミルク


 職員の方に皆さんがどんな食料を提供しているのか確認してみた。
 
 ■ カップ麺、レトルト食品が一番多い
 ■ 缶詰、お菓子
 ■ 赤ちゃん用の離乳食、粉ミルク
 ■ 米


 === ボランティアセンタ-のホ-ムペ-ジより転載 ===

 ■ 救援物資の受付状況について 
  (平成23年3月15日時点) 
    下記の救援物資をお届けいただきました。
    件数:139件(累計:224件)
    未使用のタオル:2,400枚 (累計:4,285枚) 
    未使用の毛布:410枚 (累計:557枚)
    食料品:1,060点 (累計:1,247点)               
    尚、これらの物資は、16日に岩手県釜石市へ搬送。                  

 ===         転載終了          ===


 尚、大阪府北部箕面市以外の寝屋川、高槻、茨木、吹田、豊中、大東、守口は義援金のみ受付。
 交野、四條畷は現在救援物資の募集はしていないが、提供できる救援物資の申し込みを受け付けている。
 枚方は茨城県水戸市からの要請を受けて、トイレットペ-パ-を15日から17日まで募集。
 18日に1万個を水戸市へ送った。枚方市職員の話では、今後も要請が入れば物資を募集する予定。

新年の挨拶

2010年01月01日 07:30

2010年ウェブ用年賀状

新年あけましておめでとうございます~

2009年01月01日 07:30

2009-riben-nianhe-net-lianhua.jpg

一期一会

2008年12月27日 07:30

DSC_8812.jpg

 今年ももう終わりです。
 一年はあっという間ですね、毎年のことながら。
 今年も写友の皆さんと仲良く楽しく、刺激を受けながら自分の写真が撮ることができました。
 本当に有難うございました。

 私はご承知のとおり、主に万博を中心にして、ホ-ムグランド2である市大植物園と合わせて写真を撮っています。
 毎年同じ場所に同じ木が植えてあり、同じように花が咲くものだ、
と思っていましたが、こうして足しげく通っていると、たとえ同じ場所に同じように木があったとしても去年と同じように咲くとは限らないということを知りました。
 枝が切られた、木そのものが伐採されていた、ということもありました。
 その年の気候の変化によって花の咲き具合が変化した、ということもありました。

 まさに一期一会だなと思ったのです。

 この一期一会という言葉は、とても重いです。
 私には正直、まだ実感がわかないことも多いです。
 でも、徐々に歳を重ねて、言葉の重みを感じるようになりました。
 人の出会いだけでなく、写真一枚の出会いも、また一期一会。
 この時間のこの光そのものも、一期一会。
 このタイミングでこの被写体に出会えたのも、一期一会。
 来年は、一期一会の気持ちで一枚を撮れたらなと思います。

写真ブログ別枠に

2008年09月01日 19:44

 もう、これ以上、ブログは作らない!
と思っていましたが、いろいろと思うところがあって(といってもたいしたことないのですが)、別枠で写真ブログをつくることにしました。

柳桜 40
柳桜 40 posted by (C)しゃ-ねい

 で、私の場合、写真の被写体が台湾伝統芸能の布袋戯の木偶となります。
 花~、自然~、街~・・・・・・・・・・・じゃ、ないです。
 なので、来られた方は、

なんじゃ、こりゃぁぁぁ~っ!?

と、さぞや驚かれることかと思います。

 地元台湾では、木偶を被写体にして外で写真を撮ることを「外拍」と呼んでいて、まぁ、私はそれを日本でやっちゃってるわけなのであります。地元台湾では日常というかメジャ-なことで、ブログの写真コ-ナ-にも「霹靂木偶」のコ-ナ-なんかあったりするのですが、ここ、日本ですから、そんなコ-ナ-ありません(笑)。
 実際、外で木偶を撮っていると、
 
 怪訝な顔をされたり、
 露骨に変人を見ているという視線を頂戴したり、
 気色悪いと暴言吐かれたり、
 これだから日本の未来はっ!、と思いがけない説教が始まったり、
 色々あったりするわけです。
 
 正直なところ、私自身変わっていることは十二分に承知しているのですから、「お前は変人だ、視線」とかわざわざ頂くなくて結構です、という気持ちなのです。でも、写真、外で撮りたい気持ちには変わりなく、最初はコンパクトカメラで撮っていたのが、ボケに目覚めて一眼レフで撮りはじめる始末。
暴言、暴力的視線を浴びせられても、ぜんぜんこりちゃいません。
 それは嫌な思いをすること以上に、霹靂布袋戯ファンや見知らぬ人との木偶を通した楽しいコミュニケ-ションがあったからだと思います。
 とはいえ、やはり嫌な思いはしたくないので、できるだけ万博公園の片隅でめだたないよ~に隅っこで撮っていたわけですが、最近はず-ず-しくド真ん中で撮影しています。
[ 続きを読む ]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。