今回の表紙 超カスタネット打法でやってます・・・

 久しぶりに写真を撮りに出かけました。琵琶湖です。狙っていた景色は、いつの間にか変貌していました。こんなこともあろうかと候補地を近場に設定していたのですが、何分ひさしぶりすぎて土地勘が白紙状態になりかけていました。行くと、あぁ、あの時あの頃、あの人を撮ったなぁと思い出すのですが、思い出すまでがえんやこらせ。という具合に半日写真を撮って楽しく過ごしたわけなのですが、最近、超カスタネット打法であるにも関わらず、なぜか撮影現場で木偶を見て「写真を見たことがある」と、わざわざ声をかけて下さる方に遭遇するのです。中には、「最近、更新ししていないね」と仰ってくださる方も。なんと有難いことでしょうか。申し訳ありません。本当に有難うございます。という気持ちが交差します。しかし残念ながら色々と事情がありまして、超カスタネット打法は暫く続く次第であります。今更ながらではありますが、気長にお待ちいただけると、私の励みになります。本当に、いつも有難うございます。

気に入りの曲  【記憶の光】 by KOKIA

 
    【宇宙戦艦ヤマト2199】 第四章ED

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春が散る

2010年05月06日 07:30

春が散る
春が散る posted by (C)しゃ-ねい

 冬の余韻残す木々の前で、桜の花が生き急くように風に散る。



 


 桜吹雪を撮りたいと思い、この数年間挑戦してきて、やっと撮ることができた。
 私はこの写真をとても気に入って入るが、目指すところから言えばけして100%ではなく、自分で突っ込みどころが沢山でてきてしまうところが、ちょっと切ない。
 つらつら思うところはあり、
 花びらのボリュ-ム=風の吹き加減、
 風の方向、及び方向に対しての視界のとり方、
 花びらは白くなりがちなので、花びらの散る場所は暗い場所を狙う必要性、
 狙った場所に空間が必要であるか、
 つまり桜の枝から地面までの距離があり、且つ花びらが地面に向かって垂直に落ちれば、比較的撮りやすいのかもしれない。
 本当に花吹雪を撮るのは難しい。
 来年、また挑戦したいと思う。
 ねちねちと積み重ねていれば、きっと写真の神様が同情してくれるにちがいない、ハズ?!


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。