今回の表紙 超カスタネット打法でやってます・・・

 久しぶりに写真を撮りに出かけました。琵琶湖です。狙っていた景色は、いつの間にか変貌していました。こんなこともあろうかと候補地を近場に設定していたのですが、何分ひさしぶりすぎて土地勘が白紙状態になりかけていました。行くと、あぁ、あの時あの頃、あの人を撮ったなぁと思い出すのですが、思い出すまでがえんやこらせ。という具合に半日写真を撮って楽しく過ごしたわけなのですが、最近、超カスタネット打法であるにも関わらず、なぜか撮影現場で木偶を見て「写真を見たことがある」と、わざわざ声をかけて下さる方に遭遇するのです。中には、「最近、更新ししていないね」と仰ってくださる方も。なんと有難いことでしょうか。申し訳ありません。本当に有難うございます。という気持ちが交差します。しかし残念ながら色々と事情がありまして、超カスタネット打法は暫く続く次第であります。今更ながらではありますが、気長にお待ちいただけると、私の励みになります。本当に、いつも有難うございます。

気に入りの曲  【記憶の光】 by KOKIA

 
    【宇宙戦艦ヤマト2199】 第四章ED

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅林にて

2010年02月28日 07:30

無題
無題 posted by (C)しゃ-ねい

 山だとは思っていましたが、本当に山でした。
 平地もあると思ってたのです。
 平地はありませんでした。
 急斜面一体に梅が植えられていました。
 木の枝や根元に青の網がくくりつけられていて、
 それが目障りだと思ったのですが、
 バスの運転手さんに聞くと、
 実を採りやすいように根元に網を広げるための下準備でくくりつけているとのことでした。
 梅の産地南部にとって、梅は観賞ではなく、作物なのだと実感しました。
 梅林の片隅には、蜜蜂の巣箱が置かれていました。
 そういえば、昨年、蜜蜂が激変した時、
 一番にレンタル蜜蜂をキ-プしたのは、和歌山の梅農家だという話を思い出しました。
スポンサーサイト

春と冬のはざま 9

2010年02月27日 07:30

日暮れ
日暮れ posted by (C)しゃ-ねい

 いつのまにか日が暮れた。

春と冬のはざま 8

2010年02月26日 07:30

無題
無題 posted by (C)しゃ-ねい

 向きをかえて、テトラポットの上でごろごろしてみる。

春と冬のはざま 8

2010年02月25日 07:30

無題
無題 posted by (C)しゃ-ねい

 日が差してきて、まぶしい。

春と冬のはざま 7

2010年02月24日 07:30

風が貫く
風が貫く posted by (C)しゃ-ねい

 風が貫いていった。

春と冬のはざま 6

2010年02月23日 07:30

風が吹き始めた
風が吹き始めた posted by (C)しゃ-ねい

 風が吹き始めた。
[ 続きを読む ]

春と冬のはざま 5

2010年02月22日 07:30

琵琶湖風景
琵琶湖風景 posted by (C)しゃ-ねい

 漁をしていた。
 湖で人が営む。

春と冬のはざま 4

2010年02月21日 07:30

呼ぶ声がする
呼ぶ声がする posted by (C)しゃ-ねい

 ふと、琵琶湖の岸辺にいってみる。

春と冬のはざま 3

2010年02月20日 07:30

のぞいて見よう
のぞいて見よう posted by (C)しゃ-ねい

 やさしい黄色に誘われて、
 花をそっとのぞいてみる。
[ 続きを読む ]

春と冬のはざま 2

2010年02月19日 07:30

無題
無題 posted by (C)しゃ-ねい

 比良からおりてくる寒気などそしらぬふりで、
 菜の花は咲き誇る。

春と冬のはざま

2010年02月18日 19:30

冬と春のはざま
冬と春のはざま posted by (C)しゃ-ねい

 比良の頭上には、まだ冬将軍が居座っているようだ。
 お里には春はもうすぐと菜の花が告げている。

くねり

2010年02月17日 07:30

くねり
くねり posted by (C)しゃ-ねい

 なにか魚を養殖しているのだろうか。
 浮きがぷかぷか浮いていた。

凍てつく

2010年02月16日 07:30

凍てつく
凍てつく posted by (C)しゃ-ねい

 寒さで水面が、木々が、草が凍てつく。
 空気さえも。

2010年02月15日 07:30

漣
posted by (C)しゃ-ねい


 湖の傍だというのに、風が殆ど吹かない。
 四方を山に囲まれているからだろうか。
 しかし、時より、静かに湖面が波打つ。
 
 左側には羽衣伝説の天女が羽衣をかけた松、といわれる立派な松が実は立っている。
 

無題

2010年02月14日 07:30

無題
無題 posted by (C)しゃ-ねい

 余呉湖西から北を眺めた。
 遠くの山は行市山だろうか。
 山の向こうは福井県。
 私は今回の旅で、福井も遠くない、とつるっと思ってしまった(笑)。

春、待ちわびて

2010年02月13日 07:30

凍てつく
凍てつく posted by (C)しゃ-ねい

 薄っすらと池の水面に張る氷。
 その凍てつく寒さにもめげず、かろうじて生きながらえる草。
 春の温もりを待ちわびている。

蝋梅が咲きかけていた

2010年02月12日 07:30

無題
無題 posted by (C)しゃ-ねい

 雪に閉ざされた世界にも、少しずつ春が近づいている。
 

紺と白の世界

2010年02月11日 07:30

無題
無題 posted by (C)しゃ-ねい

 滋賀の奥琵琶湖は余呉湖に行きました。
 この寒波で再び雪が積もり、淡く深い濃紺と雪の白さが美しい場所でした。

とける

2010年02月10日 07:30

とける
とける posted by (C)しゃ-ねい
 
 真っ白い雪が続く原っぱ(か、田圃だと思われる)場所に、一点沁みのように葉っぱが落ちていた。
 近づいて見ると、葉っぱの周りの雪が溶けていた。
 まるで、葉っぱに温もりがあるように。

雪が降る

2010年02月09日 07:30

無題
無題 posted by (C)しゃ-ねい

 京都大徳寺。
 ちらほらと小雪が降っては晴れるという日でした。
 帰りがけに、なにげに雪が降ってきたので、今がチャンスだと思い撮影していたら・・・・
 雹みたいな感じで激しく降りだしました。
 こんなことは滅多に無いと思い、避難せずに撮影を続行してみましたが、
 シャッタ-スピ-ドがぁぁぁぁぁ・・・
 光量がぁぁぁぁぁぁ・・・・
 と心の中で叫び、右往左往して終了(笑)。
 10分という時間のシビアさを感じました。
 

ヤア!

2010年02月08日 07:30

ヤア! 2
ヤア! 2 posted by (C)しゃ-ねい

 もう、蜜蜂が働いていました。
 この蜜蜂は、しばらく木偶の前をうろうろしていましたが、
 やがて納得?したのか、
 また蜜集めに精を出していました。

無題

2010年02月07日 07:30

無題
無題 posted by (C)しゃ-ねい

 菜の花の育ち具合を見に花の丘へ行くと、
 菜の花の苗が小さくなっている気がしました。
 植え替えしたのかなぁ・・・・・
 その分、菜の花と同じ花を咲かせるミズナ?、
 が元気良く咲いていました。

無題

2010年02月06日 07:30

無題
無題 posted by (C)しゃ-ねい



梅が咲き始めた

2010年02月05日 07:30

無題
無題 posted by (C)しゃ-ねい
 
 来週くらいから、花が一斉に咲きはじめるでしょうか。
 万博の梅林には、毎年真っ先に咲く木が数本あります。
 今年も変わらず早く咲いていたので、
 「やぁ!君はいつも早く咲くねぇ~」
 と、ついつい声をかけてしまった。

椿が咲いていました

2010年02月04日 19:30

無題
無題 posted by (C)しゃ-ねい

 今年初めて椿を撮りました。
 すっと枝の伸びた先に花が咲いていたので、
 椿一輪挿し風狙いで構図を考えましたが、
 上手くいかずてんぱったままで終了。
 

無題

2010年02月02日 07:30

無題
無題 posted by (C)しゃ-ねい

無題

2010年02月01日 07:30

無題
無題 posted by (C)しゃ-ねい



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。