今回の表紙 超カスタネット打法でやってます・・・

 久しぶりに写真を撮りに出かけました。琵琶湖です。狙っていた景色は、いつの間にか変貌していました。こんなこともあろうかと候補地を近場に設定していたのですが、何分ひさしぶりすぎて土地勘が白紙状態になりかけていました。行くと、あぁ、あの時あの頃、あの人を撮ったなぁと思い出すのですが、思い出すまでがえんやこらせ。という具合に半日写真を撮って楽しく過ごしたわけなのですが、最近、超カスタネット打法であるにも関わらず、なぜか撮影現場で木偶を見て「写真を見たことがある」と、わざわざ声をかけて下さる方に遭遇するのです。中には、「最近、更新ししていないね」と仰ってくださる方も。なんと有難いことでしょうか。申し訳ありません。本当に有難うございます。という気持ちが交差します。しかし残念ながら色々と事情がありまして、超カスタネット打法は暫く続く次第であります。今更ながらではありますが、気長にお待ちいただけると、私の励みになります。本当に、いつも有難うございます。

気に入りの曲  【記憶の光】 by KOKIA

 
    【宇宙戦艦ヤマト2199】 第四章ED

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬景色

2009年12月31日 07:30

冬景色
冬景色 posted by (C)しゃ-ねい

 窓に曇り空と銀杏の木が写ってました。
 冬のイメ-ジ、雪のイメ-ジが表現できないものかと思って撮った一枚です。
 窓枠が邪魔だな、と思ったのですが、木でできていたので、木のイメ-ジに繋がらないかと思ったりもするのですが、繋がらないかな(笑)。

 今年も一年が終わりました。
 始まりは遅く感じ、終わりは早く感じます。
 気ままに投稿している私のところを訪れて頂き、有難うございます。
 今年も色々とお世話になりました。
 皆様、よいお年を。
スポンサーサイト

境内にて その1

2009年12月30日 07:30

法堂(渡り廊下) 4
法堂(渡り廊下) 4 posted by (C)しゃ-ねい

 境内には早朝到着した。
 ここのお寺は24時間門を開いている。
 近所の人たちに開放し、敷地内の道を生活路としているから。
 通学途中のはしゃぐ姿が可愛い小学生や、
 ちょっと小生意気そうな中学生や高校生が、敷地内を通ってゆく。
 法堂の渡り廊下で撮っていたら、
 丸坊主のくりくり頭の中学生が、不思議そうに蕭中剣を見上げ、「これ、なんですか?」と訊ねてきた。
[ 続きを読む ]

無題

2009年12月30日 07:30

無題
無題 posted by (C)しゃ-ねい

あれ?

2009年12月30日 07:30

あれ?
あれ? posted by (C)しゃ-ねい

 何かをしようと思ってたのに、
 何をすべきか忘れてしまった瞬間。

閉ざされた門

2009年12月29日 07:30

閉ざされた門
閉ざされた門 posted by (C)しゃ-ねい


 人は神を崇め奉り、見返りを求めるが、門は頑なに閉ざされたまま。


 場所が変わって、別のお寺の境内にある神社の前。
 ここの場所は、ちょっと独特な雰囲気があって、不思議な空間だった。
 ちなみに重要文化財。

境内にて その2

2009年12月29日 07:30

勅使門 2
勅使門 2 posted by (C)しゃ-ねい


 境内を散歩する近所のご老人もちらほらいらっしゃる。
 自分は目立たないところでひっそり撮影しているつもりでも、
 しっかり木偶を見つけて近寄ってくる方がいらっしゃる。
 本当に興味がある人の目は、きらきら好奇心に輝いていて、
 その様子を見ていると、私も楽しくなる。
 「よいお写真が撮れるといいですね。」
 通りすがりの人が残した、暖かい言葉。
[ 続きを読む ]

残り火

2009年12月28日 07:30

残り火
残り火 posted by (C)しゃ-ねい

 まだ引っ張るか、紅葉!

抱擁 ~深い眠り~

2009年12月27日 07:30

抱擁 ~深い眠り~
抱擁 ~深い眠り~ posted by (C)しゃ-ねい

 時々、ふと魔が差してアニメ的な絵を狙うのですが・・・・
 不発。
 いつかわからない次回、がんばります。
 

ふと・・・

2009年12月26日 07:30

 誰かに呼ばれた気がした。

ふと・・・
ふと・・・ posted by (C)しゃ-ねい

君と過ごす午後

2009年12月25日 07:30

君と過す午後
君と過す午後 posted by (C)しゃ-ねい

 メリークリスマス!
 
 今日は誰と過ごしますか?
 
 大好きな誰かと、

 特別な、
 
 それともありきたりな時間を過ごしているのかな。

 平凡なこと、ごくありきたりのことが、本当は一番大切なのかも知れません。
 

無題

2009年12月24日 07:30

無題
無題 posted by (C)しゃ-ねい


 家族のノートパソコンがあるので、それを時々使うのだが・・・・・
 発色の仕方が違う。
 なによりフォトショップ入ってねぇし。
 トーンもコピーでゴミ削除もできやしねぇ。
 ということで、私、ピンチ(笑)。

無題

2009年12月23日 07:30

無題
無題 posted by (C)しゃ-ねい

 実はパソコンが壊れてしまい、現在入院中。
 もう、何時壊れてもおかしくない、と思っていたのです。
 そうはいうても気に入っている機種で、
 且つメーカーがこの機種路線を踏襲していないし、
 いくら安いとはいえ外資系メーカーはサービス面や欠陥品多いことが嫌いだし、
 S社の機械とは相性悪いし・・・・・で
 益々手放したくないという思いがあり入院させてみたのです。
 が、どうも病状芳しくなく、新品買ったほうが早かった、
 という結論になりそうな・・・・
 というわけで、ある日突然、更新が止まってしまうかもしれません。
 その時は、パソコン、まだ直ってねぇ~んだな、ということで(笑)。

のら猫

2009年12月22日 07:30

 ペルシャと雉虎の血が混じっていると思われるのら猫。
 まだ生後一年経っていないと思われる、幼さが残る猫。
 境内にやってくる観光客から食べ物をせびるために、
 人前にやってくる。
 今回のターゲットは中国人女性二名だった。
 彼女の一人が、乳白色のビニール袋をがさごそと音を立てて出したから、期待した。

訴え
訴え posted by (C)しゃ-ねい

 
[ 続きを読む ]

はざま

2009年12月21日 07:30

狭間
狭間 posted by (C)しゃ-ねい

Door 旅立ち、再び

2009年12月20日 07:30

Door 旅立ち、再び
Door 旅立ち、再び posted by (C)しゃ-ねい

 人は人生という旅の途中で、
 幾度扉を開けては閉めてゆくのだろう。
 そして、その先に何を見つけようというのだろうか。

無題

2009年12月19日 07:30

無題
無題 posted by (C)しゃ-ねい

あ うん

2009年12月18日 07:30

あ うん
あ うん posted by (C)しゃ-ねい

無題

2009年12月17日 07:30

無題
無題 posted by (C)しゃ-ねい
[ 続きを読む ]

無題

2009年12月16日 07:30

無題
無題 posted by (C)しゃ-ねい

待ちわびて

2009年12月15日 07:34

 お堂の入り口の傘立てに繋がれた彼女は、
 お参りから戻ってこない主を、今か今かと待ちわびる。
 今の彼女の一秒は、一時間くらいに思えたに違いない。

待ちわびて 2
待ちわびて 2 posted by (C)しゃ-ねい
[ 続きを読む ]

水の気配

2009年12月14日 07:30

水の気配
水の気配 posted by (C)しゃ-ねい

ありきたりな風景

2009年12月13日 07:30

 普段はこんな感じ。 


無題
無題 posted by (C)しゃ-ねい

無題

2009年12月12日 07:30

 久しぶりに行った奈良室生寺。
 背後の五重塔下では、写真愛好家及び行楽客が写真を撮っていた。
 
 室生寺を久しぶりに訪ねて思った。
 まるで陸の孤島のような寺だな、と。
 ひっそりと山すそに隠すように建つ寺。
 遥か古より、ここにあり続けられる歴史の重みと揺ぎ無い気位。


無題
無題 posted by (C)しゃ-ねい

残像

2009年12月11日 07:30

 脳内にいつまでも漂い続ける記憶は、
 時として濃霧の中にぼんやり浮かぶ景色と同じだ。


残像
残像 posted by (C)しゃ-ねい

五里霧中 その2

2009年12月10日 07:30


霧中
霧中 posted by (C)しゃ-ねい
[ 続きを読む ]

五里霧中 その1

2009年12月09日 07:30

 早朝、近鉄で奈良へ向かっていると、
 京都から奈良県内に入ると車窓からの景色が濃霧に包まれた。
 目的地に到着しても霧が晴れることなく、
 乳白色に包まれた不思議な空間を生み出していた。


霧中
霧中 posted by (C)しゃ-ねい
[ 続きを読む ]

やまのいろ

2009年12月08日 07:30

やまのいろ
やまのいろ posted by (C)しゃ-ねい

 紅葉、黄葉も鮮やかで美しいですが、
 緑色の色のうつろいがとても美しいと思いました。和色は、こういう自然の中から生まれたのだと実感した次第です。
 萌黄色から薄萌黄、朝緑などと、とても優しい色へと変化していました。
 長岡京良峰寺にて。

冬がくるまえに

2009年12月07日 07:30

冬がくるまえに
冬がくるまえに posted by (C)しゃ-ねい

青海

2009年12月06日 07:30

青海 2
青海 2 posted by (C)しゃ-ねい

無題

2009年12月05日 07:30

無題
無題 posted by (C)しゃ-ねい



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。