今回の表紙 超カスタネット打法でやってます・・・

 久しぶりに写真を撮りに出かけました。琵琶湖です。狙っていた景色は、いつの間にか変貌していました。こんなこともあろうかと候補地を近場に設定していたのですが、何分ひさしぶりすぎて土地勘が白紙状態になりかけていました。行くと、あぁ、あの時あの頃、あの人を撮ったなぁと思い出すのですが、思い出すまでがえんやこらせ。という具合に半日写真を撮って楽しく過ごしたわけなのですが、最近、超カスタネット打法であるにも関わらず、なぜか撮影現場で木偶を見て「写真を見たことがある」と、わざわざ声をかけて下さる方に遭遇するのです。中には、「最近、更新ししていないね」と仰ってくださる方も。なんと有難いことでしょうか。申し訳ありません。本当に有難うございます。という気持ちが交差します。しかし残念ながら色々と事情がありまして、超カスタネット打法は暫く続く次第であります。今更ながらではありますが、気長にお待ちいただけると、私の励みになります。本当に、いつも有難うございます。

気に入りの曲  【記憶の光】 by KOKIA

 
    【宇宙戦艦ヤマト2199】 第四章ED

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その刹那

2008年11月29日 07:30

消滅 7
消滅 7 posted by (C)しゃ-ねい
 
消滅 6
消滅 6 posted by (C)しゃ-ねい
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

静かな気配

2008年11月28日 07:30

静かな気配
静かな気配 posted by (C)しゃ-ねい

 
 

無題

2008年11月27日 07:14

うるし 13
うるし 13 posted by (C)しゃ-ねい
[ 続きを読む ]

待ち人

2008年11月25日 07:09

待ち人 2
待ち人 2 posted by (C)しゃ-ねい

恵みの木

2008年11月23日 07:09

恵みの木
恵みの木 posted by (C)しゃ-ねい

 佐々木さんに教えて頂いた「絵」で撮影。
 といっても、まったく同じように撮影できたとは思えないのですが(笑)。
 佐々木さんのカメラのファインダ-を覗いたとき、 元ちとせの【恵みの水】という歌を思い出した。
 恵みの木は、自然だけでなく、傍にいる人も潤すのだと感動した次第。
 佐々木さん、有難うございました。  

光と影

2008年11月21日 07:46

銀杏
銀杏 posted by (C)しゃ-ねい

 市大付属植物園は、巨木が多い。
 植物園が山だからか。
 綺麗に紅葉している木の向かい斜面に登って撮った。 
 紅葉の輝く色を出すのって難しい。

風が動いた

2008年11月20日 21:51

風が動いた
風が動いた posted by (C)しゃ-ねい

 昼の光より、午後の光の方が色が落ち着いた感じで風情があっていいような気がした本日。
 遠足の小学生も帰ってファインダ-に入ってこないしネ(笑)。
 次回は午後に再チャレンジしたいところ。
 

紅葉

2008年11月19日 07:42

森
posted by (C)しゃ-ねい

市大付属植物園の大きな銀杏の木が紅葉していると思って行ってみたら、まだまだ先のようだ。
去年はいつ頃撮ったのかと調べてみたら、12月上旬・・・・・・
万博の方は既に綺麗に紅葉しているのに。
同じ関西でもちょっとのことで違う。

無題

2008年11月17日 07:30

紅葉
紅葉 posted by (C)しゃ-ねい

 高野山は、終始ほぼ小雨でした。
 つまり暗い。
 暗いとき、どうしていいものやら解りません。
 頭の中では「ひ~かぁ~りぃ~」と思うのですが、どうセッティングすりゃいいのか解らない。
 すぐにISOをあげるというとこに気がつかない。
 またISOをあげりゃ、いいってもんでもなし。
 暗い時の撮り方ってのも、そりゃ、あるわな、ってなわけで。
 そういう点では、今回は勉強になったと思います。
 忘れてなけりゃの話なのですが。

無題

2008年11月15日 07:24

森林 13
森林 13 posted by (C)しゃ-ねい

 霧けぶる高野山山中。
 大門→女人堂のハイキングコ-ス途中にある弁天獄付近。
 暗いのでISOを思いっきりあげたら背景の画像が悪くなった。
 でも、これはこれで面白いんじゃないか、と思っている。
 この画像の悪さが退廃的なものや幻想的な闇のようなものに繋がるように撮れればな~。

空へ

2008年11月13日 07:25

 霧と枯れ木に気持ちが捕らわれすぎて、散漫な絵になっても-た-。
 久しぶりに見る霧は、上空へと巻き取られるようにうねりながら上昇していた。 
 思いがけない自然に出会うと、神様の存在をいやおうなく感じさせられる時がある。
 神様というか、地球の生命エネルギ-というのか。
 自然の美しさが尊敬となる場合も多いけど、今回は自然への畏怖が尊敬へと変わる瞬間でした。 

空へ
空へ posted by (C)しゃ-ねい

一時の安らぎ

2008年11月11日 07:16


森林 2
森林 2 posted by (C)しゃ-ねい

社の森で

2008年11月09日 21:16


社の森で 2
社の森で 2 posted by (C)しゃ-ねい

ゆらりゆらりと

2008年11月02日 19:58

 夜のネオンは、きらきらときらめいて、一夜のまぼろしをうつしだそうとする。
 まぼろしにひかれて、にんげんはつどう。
 たくさんのよくぼうやえねるぎぃを飲み込もうとする。

道頓堀
道頓堀 posted by (C)しゃ-ねい
[ 続きを読む ]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。